里親詐欺に巻き込まれた動物病院 偽犬猫ボランティアの話

子猫 仔猫 アタッシュケース|cat0044-026

 

「警察だ!そこを動くな!」

先日、ついにビーグル獣医の病院に警察がやってきました。
まさかあの件がバレたのか・・ここは看護師さんのせいにして・・

 

・・・・

 

・・・さて、上記の警察のセリフはもちろん嘘ですが(笑)、
本当にビーグル獣医の病院に警察がやってきました^^;

一体ビーグル獣医はどのような事件に巻き込まれてしまったのでしょうか・・

 

 警察からの質問


「先生、このワクチン証明書なのですが、発行されましたか?」

 

そう言って警察が出してきたのは、紛れもなくビーグル獣医の病院で発行しているワクチン証明書。

 

「ああ、それ、うちの証明書ですねぇ。でも・・」

 

確かにうちの病院のワクチン証明書なのですが、何かが足りません。
ああ、分かった。ワクチンのシールが貼ってないんだ^^;

 

「うちではワクチンを打ったら、ロットナンバーのシールを必ず貼っていますが、
これには貼っていないですねぇ。」

「ああ、そうですか」

「それに、この飼い主さんの名前はうちのカルテには無いんですよねぇ・・」

「ああ、そうなんですね」

 

・・・一体何なんだー!!

スッキリしないまま、警察の話は続きます^^;

 

 警察からのお話


「実は詐欺と動物愛護法違反での捜査でして・・」

 

なになに?ビーグル獣医もっと知りたいんだけど!!

 

「まだ捜査中ですので・・」

 

うーむ・・巻き込まれた方としてはどんな事件なのか知らないと
夜もおちおち寝られず夜食を食べ過ぎてビーグル獣医がまた太ってしまいます。

そこで、落ち着いたであろう段階でもう一度警察に聞いてみたのです。

 

 

 警察からのお話2


「ああ・・あの件ですね・・実は・・」

 

事件が一旦落ち着いたようで、今回は警察も内容を教えてくれました^^;
警察によると・・

 

・保健所から引き取った猫を新しい飼い主に譲っていた

・実費としてワクチン代とそれまでにかかった餌代を受け取っていた

 

という人について捜査をしていたとのこと。

ん?全然良いことじゃないですか^^
・・・って・・ワクチン代・・?まさか・・・

 

「ワクチンを打っていない猫なのに、ワクチンを打っているかのように偽装して
実費として受け取っていたんですよ。」

 

ああ・・やっぱり・・
つい魔が指しちゃったんでしょうねぇ(苦笑)

 

「でも、それだけでは無かったんです。」

 

ん?他にもあるの?

 

 警察からのお話3


警察の口からは、驚きの言葉が次々と発せられました。

 

・保健所から疑われない程度に多くの子猫を引き出し、
途中で譲渡出来ないと判断した猫については冷凍庫に入れて殺していた

・たくさんの子猫を手に入れるため、複数の保健所から子猫を引き出し、
「優良なボランティア」として認識されていた

・普通の雑種猫の場合は2万円程度、人気のありそうな毛柄については4万円程度の実費を受け取っていた

 

れ、冷凍庫・・
これにはビーグル獣医も開いた口が塞がりませんでした。

 

っていうか、何やってんだ保健所ーー!!

 

一体どうして保健所は騙されてしまったのでしょうか(汗)。
その理由についても、色々な人からお話を聞いていくと明らかになってきました。

 

 保健所が里親詐欺に騙されてしまった理由


保健所の犬や猫の譲渡では、大きく分けて「個人への譲渡」と「ボランティアへの譲渡」の 2パターンが設けられていることが多いのですが、この犯人についてはもちろんボランティアへの譲渡扱いです。

譲渡したあと、再度譲渡することが元々分かっていて子猫を託すのです。

 

「後は任せた!」で放置では、虐待されているかどうかも分かったもんじゃありませんから、
保健所だってその辺はしっかりと調べます。

そのボランティアさんがキャパを超えて猫を助けようとしていて、 逆に崩壊したりしていないか。

そのボランティアさんが子猫を再譲渡したのはどこの誰なのか。

これらを立ち入り検査したり、報告書を受け取ったりして判断する訳ですが、この犯人、その辺はぬかりなかったようです。

 

保健所が立ち入った際には、きれいな環境の中で成長した子猫たちが
ピョンピョンと幸せそうに遊びまわっていたそうです。

 

更には、その子猫たちに打ったワクチン証明書まで、義務では無いのに保健所へ届け出るという徹底っぷり。
もちろん、その証明書は偽物なんですけどね(苦笑)。

子猫を救ってくれる天使のような存在として保健所に認めさせた裏で、悪魔のようなこの人は子猫を金儲けの道具として利用していました。

 

犯人から提出された新しい飼い主さん情報は住所も名前もほとんど嘘。
殺した子猫も適正に再譲渡されたことになってしまっていたそうです。

このようなケースや能力以上に助けようとして崩壊してしまうケースの対策として、
登録したボランティア以外に引き渡さない自治体も実は結構多いみたいですよ~。

 

 番外:実費の取り扱い


ちょっと話は逸れますが、ボランティアとペットショップの違いについて。

 

実費だけを受け取って、子猫を新しい飼い主さんに渡したのならボランティアです。

 

実費以上にお金を受け取って渡したら、それはペットショップです。

 

ペットショップであれば、登録をして研修を受けて、責任者を置いて、立ち入り検査を受けなければなりません。

実はボランティアと名乗っている方々の中にも、この当たり前のことをしっかりと守っていない方が本当に多い多い^^;

 

「ワクチンその他 実費として1万円の負担をお願いします」

 

それ、本当ですか?

もしかすると、ワクチンは提携病院で3000円程度で受けて、フードは援助を受けたものをタダであげているかも知れませんよ~。

お金がいくらでも必要なのは分かりますし、本当に犬や猫をもっと救いたくてそうされているボランティアさんも多いと思いますが、法律は法律です。

登録を受けずに実費以上の請求をしてはいけません^^;

 

 これから里親になる皆さんへ


ボランティアさんからペットを貰い受ける際、実費を請求されることはまあよくあることです。

でも、その実費の内容が何に、いくら必要だったのかをしっかり教えてもらいましょう。

 

「相手を嫌な気分にさせてしまうかも・・」と思われるかも知れませんが、大丈夫。
まともなボランティアさんはこの事情を皆さんよりも熟知しています^^;

 

そういった質問をしてくる飼い主さんの方が、むしろ安心するものです。

里親詐欺がなんで横行するかと言えば、騙される人が居るからなのです。
最低な偽ボランティアから譲り受ける人が居なくなれば、そんな人は
おいしい思いをすることは無くなるんですよ~。

将来不幸な犬や猫が増えないためにも、皆さん、お願いしますね!

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ