新着順の記事一覧

猫の慢性腎不全

  猫が年をとってきたら、その行動に特に注意してみてください。 猫が老齢でよくかかる病気に「慢性腎不全」という症状があります。 15歳前後での発症率はなんと約30%もあります。 で ・・・

2015年11月18日

猫の腎臓病(腎不全以外)

  猫の腎不全は有名ですが、実はまだまだたくさんある猫の腎臓病。 今回は他の腎臓病をピックアップしてみましょう~。    腎盂腎炎 尿は、血液→ろ過→腎盂→尿管→膀胱・・ ・・・

2015年11月18日

猫の巨大結腸症

  「うちのネコちゃんが最近少し様子がおかしいみたいで・・ウンチをする時にすごい力んでいるかんじで、やっと出たと思ったらものすごくたくさん のウンチを出しているんです。他の動物病院 ・・・

2015年11月18日

猫の誤飲誤食

  猫は犬のようにガツガツと食べないので、 異物を飲み込んでしまうことは少ないです。 ですが、小さいもので遊んでいたり、ゴミ箱をいたずらしたり、 または飼い主の不注意で餌にまぎれこ ・・・

2015年11月18日

応急処置 犬の緊急事態に

  犬を飼っていれば、いや、他の家族の方でもそうです。 「緊急事態」の可能性というのはいつでも誰にでもあるものですね。 そうなった時に何をすればよいか、それを知っておくだけでも 犬 ・・・

2015年11月18日

犬のジステンパー

  ワクチンの普及によって激減した感染症、ジステンパー。 しかしまだ発生は少なくありません。 発症すると死亡率90%以上の恐ろしい病気です。 一体どんな恐ろしさを秘めているのでしょ ・・・

2015年11月18日

犬のパルボウィルス感染症

  今現在、「パルボ」と聞けば「危険」と直結する 飼い主さんもかなり多いことでしょう。 それくらい有名になったウイルス性の感染症です。 でも「何がどうなってヤバイの?」は意外と知ら ・・・

2015年11月18日

犬の伝染性肝炎(アデノウィルス感染症)

  アデノウイルス1型によって起こる、犬の感染症です。 ちなみにアデノウイルス2型はケンネルコフの原因。 非常に大きなウイルスだったりします(目にはもちろん見えませんが;) &nb ・・・

2015年11月18日

犬の狂犬病

ワクチンと言えば狂犬病。 これ、どんな病気なのでしょう。    感染するのは犬?だよね? 「狂犬病」と言う名前ですが、実は全哺乳類に感染します。 はい、コウモリでも人間でもですよ~ ・・・

2015年11月18日

犬のチェリーアイ

  チェリーアイってご存知ですか? これは瞬膜腺とよばれる部分が原因の遺伝病です。    瞬膜腺が飛び出てくる!? 「瞬」という文字から少し予想できるかも知れませんね~。 ・・・

2015年11月18日

犬のアレルギー(アトピー)性皮膚炎

  アレルギー、アトピーなど、色々と人によって呼び方の違う、 皮膚炎についてのお話です。 「アトピーとアレルギーって一緒?」と言う疑問もあると思います(笑) 一応アトピーは先天性の ・・・

2015年11月18日

犬のニキビダニ症(アカラス)

  「アカラス」と言う、一見格好良さそうな名前の病気。 でも別名は「ニキビダニ症」、結構格好悪いです(苦笑) さて、皆さん「ニキビ」と言うと、毛穴に分泌物がたまって ギトギトで赤く ・・・

2015年11月18日

犬の疥癬(犬のヒゼンダニ症)

  疥は「はたけ」、白い粉をふいたように見える皮膚の病変。 癬は「たむし」、丘疹や小水疱が集まって円形をなす皮膚病変。 ヒゼンは「皮癬」、疥癬と同じ意味を持ちます。 「疥癬」は一般 ・・・

2015年11月18日

犬の外耳炎

  普通に動物病院で働いていれば、耳掃除をしない日はまずありません。 特に耳が垂れた犬種は蓋がされていますので耳の中がジメジメしやすいです。 ジメジメしていれば当然、 ・梅雨のせい ・・・

2015年11月18日

犬の椎間板ヘルニア

  椎間板ヘルニアってよく聞くけどどんな病気? そんな方にビーグル獣医が出来るだけわかりやすく・・・・    まず、どこに起こる病気なのでしょう 背骨や首の骨を触ってみま ・・・

2015年11月18日

犬の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

  副腎の病気!と言うと2秒で去ってしまう方もいらっしゃるかもですが・・ そんなに難しい病気ではありませんのでお読みくださいませ~。    副腎って? 副腎はホルモンを出 ・・・

2015年11月18日

犬の糖尿病

  犬も人間と同じで「糖尿病」があります。 この「糖尿病」、どういった病気なのかと治療法を少し勉強しましょう。    エネルギーが体に届かなくなっちゃうんですな 糖は犬に ・・・

2015年11月18日

犬の乳腺腫瘍

  メス犬の腫瘍の半分を占める病気です。 どんな病気でどうやって治療、予防はどうすればよいのかについて。    半分半分半分です。 犬の乳腺腫瘍は、非常に覚えやすい病気で ・・・

2015年11月18日

犬の子宮蓄膿症

  避妊手術をしていない中・高齢期の犬で多い病気です。 さて、どんな病気なのでしょう。    子宮蓄膿症はどんな病気? 子宮に膿みが溜まる病気ですね。 細菌は膣を経由して ・・・

2015年11月18日

犬の歯周病に気を付けましょう

  犬にもっとも多い病気、それは歯の病気です。 その発生率は2歳の時点で90%近くの犬が 何かしらの歯の病気を持っていると言われるほどです。 歯の病気は、歯が抜け落ちるまでが問題と ・・・

2015年11月18日

20 / 21« 先頭...18192021