老犬と「EPA」

 

「DHA」と「EPA」、よくセットで紹介される二つの脂肪酸ですが、
二つの違いって何なの?

と言う事で、最初は「DHAについて」をお話しました。
今度はEPAのお話。一体どんな物質なのでしょう?

 

 EPAの発見話


エスキモーの人たちに動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞が
非常に少ない!と言うところに疑問を持った研究者が、
エスキモーの食生活を調べました^^

「もしかすると、エスキモーの食べている魚に秘密が?」
と言った考えから発見された物質です。

イワシ・サバなどの青魚は、冷たい海水の中でも
何故か血液が固まりません。
それはこのEPAの働きで血液が固まるのを
防いでいると言われています。

 

 EPAの主な作用


・動脈硬化や脳卒中を防ぐ

・ガンの発生率を下げる

と言われています。
ちなみにDHAにあった「認知症の予防・改善」は範囲外。
DHAと違って脳にまでは届きません。

その代わり、ガンの発生率を下げてくれます。

また、DHAはコレステロールを強く下げてくれますが
EPAは中性脂肪を下げる力が強いです。
お互いに住み分けがあるんですね~。

 

 で、結局?


どうせなら一緒に摂ってしまえばどうですか?となります^^;
回りくどいですねぇ(苦笑)
説明の意味が無いですねぇ(爆)

でも、DHAとEPAの効果と狙い、お分かり頂けましたでしょうか^^

メイベットDCって?

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ