犬の集合注射延期を決めたのは誰だ!理由はなんだ!

shuugou

 

「な、なんだとぉ!延期だと!!今降ってないじゃないか!」

「せっかく休み取ったのに・・もう一回なんて休みとれないわよ!」

 

会場に行ってみたものの、カンカン照りなのになぜか中止の集合注射^^;
色々な苦情が勃発する狂犬病集合注射の時期がやって参りました。

今回はビーグル獣医の地域を例に、集合注射の内情を見てみましょう~。
果たして責任者は誰なのか?中止の理由はどうしてなのか?

 

「責任者は誰だ!そいつを呼んで来い!!」

 

さて、集合注射の責任者は誰?


市町村によっては形式が異なりますが、一番多いのは市町村と獣医師会が
同等の立場で協力して実施するパターンです。
ちなみにビーグル獣医の地域もこのパターン^^;

ということで、責任者は市町村の集合注射を管轄する課のお偉いさんと、
獣医師会のお偉いさんとなる訳ですが・・

 

AM8:00 「雨が降っているので集合注射中止!」

AM9:00 雨がやむ しかもこのあと一日中カンカン照り

AM10:00~ 苦情殺到開始 このあと15時まで責任者を出せ!計100件

 

集合注射実施の可否は、こんな事態も考えられる非常にリスキーな判断となります。

そこで市町村リーダーと獣医師会リーダーの責任逃れを賭けた戦いが勃発するのですが、
よくよく考えてみてください。

 

保身の絶対王者VS保身のスペシャリスト

 

ですよ、彼らは(笑)

 

市町村「今日は犬の健康への影響を考えるといかがですかねぇ、先生」

獣医師「いやいやそこは経験豊富な○○市さんにお任せを・・」

市町村「我々は専門家ではありませんのでそこはやはり大先生のお力を・・」

獣医師「ちなみに○○市さんはあくまで参考までにですけど、今日どう思われます?」

市町村「うーん、個人的にはちょっと厳しいかと思いますが、やはりそこは先s・・」

獣医師「さすが○○市さん。そう思われているのであれば、今回は中止にしましょう」

 

今回の軍配は獣医師会側に上がったようです(笑)
カンカン照りになって苦情が殺到すれば、責任は市町村側に押し付けられてしまうことでしょう。

こうした壮絶な戦いが毎年繰り広げられるのです。

 

 

当日の苦情対応は誰?


可哀想ですが、当日寄せられる苦情対応の窓口は完全に市町村任せです(苦笑)。

他に仕事があろうと土日だろうと、集合注射が中止になれば市町村担当者の一日は
すべて電話番に費やされます。

そして更には別部隊が会場へと出向き、「なんで中止なんだ!!」
「勝手な事をするな!バカ野郎!」などの罵倒を一身に受け止めるのです。

 

ん?獣医師たち?
・・注射が中止になれば病院を開くので、そちらが忙しいから手伝えないそうですよ(苦笑)
協働・・ねぇ・・

ビーグル獣医的に相当疑問を感じているのですが、強烈な先輩先生方が怖いので
勝手にビーグル獣医だけが手伝う訳にも行きません(汗)

 

今は晴れてるのに!!どうして途中から始めないの!?


あくまでビーグル獣医の地域でのお話ですが^^;、
集合注射の実施は全か無かの二択になっています。

少しでも実施したら延期日は無し。
朝雨が降っていたら、その日は一日中止して延期日に実施。

 

その理由は、二日に分けたら病院を二日間休まなければなくなるからです。

 

つまり、最初に中止が決定したらその日は動物病院を開きます。
その代わり、延期日には動物病院を休むんですね~。

病院を開いちゃえば、もう注射には出向けませんから、
途中から注射が始まることはありませんよね^^;

そして、途中からザーザー降りになってしまって中止になったら、
そこから先の会場は全て「延期では無く中止」です。

もうすでに一日病院を休んでしまっていますので、延期日にも休むのは厳しいという理由からです。

 

全部獣医師側の勝手な理由なんですよね。
「いいからやれ!」「休み取ったんだ!」と言っても、注射を打つ獣医が来ないんじゃ
市町村側にはどうすることも出来ません(苦笑)

協働と言いながらも、このような実情がありますので
市町村担当者にばかり怒らないようにしてあげてください~。

獣医師会側が「何日でも出向きますよ!!」とでも言えば、
市町村側はもっと対応出来るんだと思いますよ、多分^^;

 

あとがき


責任のなすり合いはありますが(笑)、協働ですので責任は市町村と獣医師会両方です。

それにも関わらず、まだまだ獣医師会がお客さん状態である地域も多いです。
少し柔軟な獣医師会も増えてきていますけどね~。
飼い主さんに怒られるのが100%市町村側でちょっと可哀想ですね^^;

小雨だろうと雨が降ったら、衛生的な面から注射は行うべきではありませんから
「パラパラしか降ってないんだから実施しろ!」については言い返す自信がありますが、
問題は雨が途中で上がったパターン。

午前だけ雨だったら、午前中病院を開けて午後は集合注射。
延期日は、午前中集合注射で午後は病院開ける。

これでも良いんじゃないかと思うんですがいかがですか?先生方(笑)
まあ、予定は立てにくくて大変ですが、集合注射を「協働」するってことなら
このくらいはやっても良いのかも知れないとビーグル獣医は思います。

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ