獣医がマンガ「動物のお医者さん」を読んだ結果 第6巻前編

doubutu1

 

ついに前半戦最後の第6巻までやってきた漫画「動物のお医者さん」レビューですが、
ビーグル獣医は一つ重大なことに気が付きます。

 

そう、チョビについての話がほとんど無い。

 

動物のお医者さんをレビューするにあたり、可愛くて魅力的なチョビをここまで出現させないホームページは
ビーグル獣医のホームページ以外存在しないでしょう。

 

ある意味オンリーワンなレビューが出来て誇らしい限りですが、

「動物のお医者さんだって言うから見に来たのにチョビがいないなんて!!」

と、怒ってらっしゃる飼い主さんが居そうでビクビクハラハラです^^;

 

え?今回?

ほとんどチョビ出てきませんけど何か?

では参りましょう~。

 

動物のお医者さん 完結セット

動物のお医者さん一覧

 

61

 

応急処置を試したい獣医学生がわらわらと集まるシーン。

んなバカな(笑)
獣医学部でこんな人間は見たことがありません^^;

どちらかと言うと、逆に獣医学生が困るパターンの方が多いと思われます。

え?どんなことかって?
ではビーグル獣医の悲惨な体験談でもお話してみましょうか^^;

 

それは獣医大学2年生の頃。

ビーグル獣医は結婚式の3次会を終え、親戚の人たちと駅へ向かっていました。
繁華街を抜け・・商店街を抜け・・駅が見えてきたのですが・・

道端に怪しげな動きをするおじいさんを発見(汗)

おそらくホロ酔い⇒マジ酔い⇒爆酔いと順調な過程を辿っているようで、
残すは痙攣と昏睡くらいしかありませんね~・・って、

 

ガクガクガクガクガクガクガクガク

 

痙攣起こしたーーーーーー!!!!

これは危ない。早く救急車を!!
あ、親戚のおじさんもう電話かけてる!ナイスおじさん!

 

おじさん「もしもし・・○○駅の南口で・・・ビーグル獣医!!お前は応急処置頼む!」

 

ん?応急処置?

な、何をしたらいいんだ?

そんなこんなしているうちに、気が付けば「おい、どうしたんだ・・ザワザワ・・」
「大丈夫か・・ザワザワ・・」とたくさんのギャラリーが・・

 

おじさん「皆さん、大丈夫です!こいつ獣医の卵ですから心配要りません!!」

 

はいぃ!?何を言ってるんだこのおっさん!!

途端に注目を集めるビーグル獣医。
周りから注がれる期待の眼差し。

おもむろに何故か脈をとり始めたビーグル獣医に「おぉぉぉ・・」「なるほどぉ・・」と
ギャラリーから歓声が沸きます。

痙攣のせいで頭をゴンゴンとアスファルトに打ち付けていましたので、
枕代わりに自分の上着を頭に敷くと、「おぉぉぉ・・」「ああやってやるのか・・」と
またしてもギャラリーから歓声が沸きます。

何をやっても歓声が上がる異様な状況。
この周りの人たちは全員酔っ払いなんじゃないだろうか(苦笑)。
学生ビーグル獣医の薄~い知識の怪しげな応急処置は続きます。

早く誰か助けてくれぇ・・

 

ピーポーピーポー

 

救急車来たぁぁぁぁぁーーーー!!

数分後、救急車が到着して男性は搬送されました。

「よくやったな」と握手を求める親戚のおじさん。
周りから沸き起こる拍手。
良い汗(主に冷や汗)を掻き、あたかもやってやった感満点に見えるだけのビーグル獣医。

翌日、おじいさんは無事に退院し、ビーグル獣医宅に

 

「応急処置をしてくださってようで・・本当に助かりました。命の恩人です。」

 

と菓子折りを持って現れたそうな。

とてもじゃないですが、「脈をとって枕を作りました」とは言えませんでしたとさ(苦笑)

 

 

62

 

雨の日で患者さんが病院に来ず、暇だというお話。

雨の日の病院はたしかに暇なことも多いですが、実は結構大切だったりします^^
このような日を活用して・・

 

・病院内の大掃除をする

・処方食やサンプルの期限を確認したり整理したりする

・薬の在庫を確認する

・獣医雑誌で勉強したり手術の練習をしたりする

・読みかけの動物のお医者さんを一気読みする(重要)

・むしろホームページの更新までやってしまう(重要)

・賞味期限ギリギリの差し入れをかきこむ(最重要 ⇒恐怖の生菓子

 

と、ある意味動物病院スタッフたちは多忙で充実した時間を過ごします。
暇な雨の日があるからこそ動物病院の運営は成り立っているとも言えるでしょう^^;

しかし・・

 

63

 

そんな動物病院の運営を脅かす怪物が来院します。

そう、マダムです。

マダムたちは他の患者さんが居ない長話出来る状況を見分ける能力に長けており、
雨の日になると必ず1マダム、2マダムとご来院頂きます。

 

「うちの子はジャーキーしか食べなくって困ってるんですわよ」

 

その言葉を十数回は聞くことになり、愛想笑いマスターであるはずのビーグル獣医と看護師の顔も、
2時間の診察が終わる頃にはゴルゴ13のようになっています。

 

gorugo

 

彼はこう言っていますが、マダムと過ごした濃密な時間は夢にまで出てきます。
忘れられません。

 

看護師「そ・・それでは本日のお会計は再診料のみ・・ですので540円になります・・」

マダム「それが本当にこの子はジャーキーしか食べなくってねぇ・・ほほほ・・」

看護師「そ・・そうなんですね~・・ははは・・」

ビーグル獣医の戦いが終わった後も、看護師さんには30分ほどの延長戦が待っています。

可哀相ですがビーグル獣医が受付に顔を出すことは一切ありません。
人でなしとでもロクでなしとでも言ってください。
ビーグル獣医は漫画を読みt・・薬の在庫チェックをする必要があるのです。
仕方がありません。

こうしてゴルゴ獣医とゴルゴ看護師による時給120円の戦いは幕を下ろすのでした。

 

こんな患者さんが来ました4 マダムな飼い主さん

 

では、続きは後編にしておきましょう~^^

 

獣医がマンガ「動物のお医者さん」を読んだ結果 第6巻後編

動物のお医者さん 文庫全8巻 完結セット

動物のお医者さん一覧

ゴルゴ13 全巻セット

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ