逃亡牛VS獣医学生 原始林へは行かせない!


牛・・それは常に脱走を企てる生き物。
牛・・それは意外に足の速い生き物。

本気を出した彼らは、まるでターフを駆け抜ける馬のごとく
誇らしげに、そして華麗に走りぬけ、学生たちを困らせます。

今回はビーグル獣医が大学4年生の頃のお話。
脱走した牛を巡る学生たちのドラマです。

 

それはある晴れた昼下がり・・
私はいつもどおり牛の餌やり、 糞掃除をしていました。

しかし、何かがいつもと違いました。
嫌な予感はしていたのです。
だって牛が前足を地面に「カッ・・カッ・・・」と、今にも闘牛が
始まりそうな勢いで叩きつけているんですもの。

そして・・・ドカーーーーーン」
「あーーーー!!柵ぶっ壊して逃げたーーーー!!」

マジで・・・本当に闘牛始まったよ・・・
そこからが大変大変。

牛が逃げた時は他の研究室の学生だろうと関係なく、
みんなで力を合わせて捕まえること、これは暗黙の了解となっています。
逃がしたのはビーグル獣医ですが、あっという間に助けに入る仲間たち。
心強いです。

牛が飛び出た瞬間、
「牛が逃げたーーー!!Nくんはあっち回ってくれ!! Hはあっち!!」
勇敢な内科のSくんは指揮をとりはじめました。

そして牛舎の周りに円陣が形成!
なんとしても学校に隣接する原始林(東京ドーム48個分)への逃亡は阻止しなければなりません。
素晴らしいチームワークによりすでに逃げ場はなし。観念しなさい!牛!
しかし・・・その数秒後・・

「ドーン!うわぁぁーー!!」

Nくんの叫び声が!!
「お、俺のことはいいから・・・牛を・・・グフッ(←想像)」

牛糞置き場に埋まっているNくんを後に、牛を取り囲もうとする私たち!
「よ、よくもNをーーー!!貴様、許さん!!」
牛相手にタイマンを挑むSくん!それは無理だ!!

「うわぁーーー!」
「え、Sくーーーーーん!!」

やはり・・
言わんこっちゃない・・・
相手はkonisiki三人分・・・

「後は頼んだ・・・最後の砦(原始林入り)だけは・・守って・・グフッ(←想像)」
「Sくーーーん!!君の勇敢な指揮は一生忘れない!(←美化)」

・・・ん?待て!!俺一人じゃん!!まあ俺が逃がしたんだけども・・・

そこで私は牛をけん制しながらある作戦を実行!
その名も・・・「餌を撒きながら檻へ誘導作戦!」

この作戦がなかなか功を奏し、順調に牛は檻へ・・・
なんてうまく行くはずがありません。

牛は濃厚飼料が異常に大好きなのです!
牛は私の持っている濃厚飼料が詰まった袋に気づき、
そして再び華麗にターフを 駆け抜け始めました。
後ろ向き走りから徐々にダッシュへと変更を余儀なくされる私!!

そして檻に向かってダイブ!!!
ウンコとワラがクッション代わりになり、一命を取り止め、
なんとか牛も檻に納めることが出来たのでした。

皆さんも牛を飼うときには脱走に注意しましょう^^;

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ