マレーバクを飼う前に マレーバクの飼い方と特徴

 

 

「最近・・部下に囲まれてボコボコにされる夢を見るんだ・・」

そんなワンマン嫌われ上司のあなたへ。

「悪夢・・・悪夢よ・・・ひええええぇぇぇぇぇ・・・」

そんな室町時代の悪霊に取り付かれたあなたへ。

いっその事バクを飼って、夢を食べてもらおうと言う、
最近不眠症のビーグル獣医が送る献身型コンテンツ。

 

 夢を食べる動物 バク


夢を食べると中国から伝わった伝説の動物、バク。
「悪夢を見た後にバクにあげます、と言うと今後見なくなる」らしい。

このバクと生物のバクが一緒かどうかは定かでは無いが、
古代中国の青銅器から、バクを象ったものが発見されている。

もしかすると昔は中国にバクが居た。趣味で青銅器作ってみた。

しばらく後に誰かがその青銅器を見て、「夢に出てきそう・・キモい」

悪夢にバクが出現

バクが悪夢を食べに来てくれた!

バクにお願いすれば悪夢を見なくなるんだって!

 

と言う、3000年レベルの壮大な勘違いかも知れない。
そもそもバクのせいで悪夢を見ていた可能性も否定出来ないのが痛いところである。

 

 バクに与える夢の準備


バクの熱量を少なく見て一日2000kcalくらいと予想すると・・・

一日一食、一人の悪夢で補おうと考えると1回で2000kcalを持っていかれてしまう。
二人で悪夢を与えたとしても、一人頭1000kcalの夢を食べさせることになってしまうのだ。

以上のことから、一人暮らしでバクを飼おうものならそれは自殺行為である
摂取カロリー不足により数日で餓死してしまうだろう。

出来ることであれば、一人頭200kcal献上くらいに抑えたいが、
悪夢を頻繁に見る人の割合は5~10%だと言われている為、
飼う為には協力者が150人程度必要であると考えられる。

でも「ねえねえ、悪夢見ない?見る!?じゃあこっちにおいでぇ」と言う
あまりにも直接的な勧誘は、新手の詐欺と間違われるかも知れない。
注意深く勧誘を続けて欲しい。

 

 悪夢を準備できなかった場合のバクのご飯


当初の予定とは異なり不本意ではあるが、与える悪夢が足りない場合は
草、木の葉、果実や水草を与えることでバクは生きながらえることが出来る。

ちなみにビーグル獣医は近所のミニストップのポテトとチキンで
生きながらえていたが、なんと最近潰れてしまった。
もう悪夢でも食ってやろうかとヤケになっていると言う噂である。

 

 

 釈迦の乗り物、バク


バクはタイで釈迦の乗り物として崇められており、
白い部分は「釈迦が乗ったから白くなった」と言われている。
「将来の夢はブッダ」と小学生の時に明言していたビーグル獣医。
これは乗るしか無いだろう。

さて、乗り物としてのバクの特徴であるが、これがなかなか。
単独行動は得意で、森も湿地もへっちゃら。
外敵に襲われると水場に逃げ込む。

家から原始林を突っ切り熊に襲われても水場へGo。あっと言う間に病院へ・・・
と言う理想の通勤形態を計画したビーグル獣医であったが大事な事を忘れていた。
そう、夜行性である。

こうなったら夜間救急動物病院に変えるしかないかも知れない。

 

 バクに関するQ&A


Q.バクはどうしてあんな面白い形なんですか?

A.神様が色んな動物の余りものを繋ぎ合わせたと言われています。
もしかすると、ビーグル獣医が格好良くないのも、神様が色々と考えて
作ったからなのかも知れません。実は崇高なんだろうと思います。

 

Q.マレーバクの子供が生まれたんだけど・・イノシシが出てきた

A.マレーバクの子供は、生まれた時にはいわゆる「ウリ坊」のような
柄をしています。その後華麗にあの柄に変身します。
もしかすると、ビーグル獣医も後一回くらいは変身するのかも
知れないと期待を持って毎日を過ごしています。

 

Q.150人揃えたのでマレーバクを飼いたいんだけど・・どこへ行けば?

A.マレーシア周辺の密林などを探してみてください。
100回に1回くらいの確率で出会えるかも知れません。
ただ、100回に90回くらいの確率でトラに会うかも知れませんので
注意が必要です。

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ