エゾヒグマを飼う前に 156kgの壁と涙のブタゴリラ

 

ヒグマ・・・それは日本では北海道にしか生息しないクマ。
北海道のクマはエゾヒグマと呼ばれ、学名はUrsus Arctos Yesoensis。
訳すと「蝦夷に住む、熊の中の熊」となる。

この記事は「熊の中の熊」を倒したい「男の中の男」を目指す、
金太郎リスペクトな方へ向けた北海道発信本格派コンテンツである。

 

 エゾヒグマの特徴


エゾヒグマの大きさはオスが約1.9~2.3mで約120~250kg、
メスが約1.6~1.8mで約150~160kgである。

しかし、これはあくまでも一般的な値であって、認められている最大個体では
その体重は520kgにも上る。(えりも町、2007年)

男の中の男が倒す相手としては、やはり最大個体が相応しいだろう。
そこで、今回はこの520kgの相手を倒す方法について考えていこうと思う。

 

 最大級エゾヒグマを倒す為に


最大級エゾヒグマの倒し方であるが、やはりここは我々のリスペクトする
金太郎さんを参考に相撲で決着を付けるのが良いだろう。

ちなみに人間相撲界では【273kg】対【82kg】の191kg差対決において
82kgの力士が勝ったのが最高記録らしい。

この比で考えると520kgの熊に対して156kgの体重を有すれば、勝機が見えてくることになる。
つまり、156kgに足りていない男の中の男については体重増量が喫緊の課題となるのである。

 

太る為の方法であるが、

・接種カロリーを増やすため、毎日3食以上食べる

・特に夕食は食べられないくらい食べて胃を大きくする

・栄養吸収力の高い白米を中心に食べる

・酵素を取る為、納豆やキムチなどの発酵食品も一緒に食べる

というような方法が挙げられる。

上記の方法により念願の156kgに届けば勝利は目前であるが、
更に勝率を高めるために次の項目へ進もう。

 

 

 エゾヒグマの冬眠


エゾヒグマは冬から春にかけて4ヶ月間もの間、冬眠をする。

冬眠中の体温は約4度も下がり、冬眠に向けて十数kg増やした体重により
ぬくぬくと春を待って穴に籠る訳であるが・・・

冬眠から目覚めたエゾヒグマはクマった事に体力が落ちているのだ。
つまり、我々からすると冬眠直後のこの瞬間こそが最大のチャンスなのである。

ただし、体重が156kgに達していない場合は注意して欲しい。
弱っていようがヒグマはヒグマである。
調子に乗って「154kgだけどイケるんじゃね?」とか言っていると返り討ちになってしまうかも知れない。
特に小ヒグマと一緒の母ヒグマは、並外れたパワーを発揮するため注意が必要である。

 

もし、命の危険を感じて逃げる場合は背中を見せて逃げてはならない
逃げる背中を見ると追いかけたくなる習性がとんでもなく強いのだ。
そして、そのスピードは時速40kmレベル。(U.ボルトで最高時速37.6km)

まず逃げ切ることは不可能であるので、逃走専用にダチョウ(最大時速64km)
用意しておくと良いかも知れない。

 

 エゾヒグマの食べ物


ヒグマと言えば鮭!のイメージがあるが、雑食性で植物だろうが何だろうが食べる。
ただし、植物よりは肉や魚が好きな肉食性寄りだと思われる。

また、ヒグマは嗅覚が非常に優れていて、3km以上先の腐った肉の臭いをも
嗅ぎ分けられるとも言われている。

上記の事を考慮すると、「クマが現れたら好物の鮭を投げて逃げるっぺ」などと言う安易な考えのもと
森に突っ込むと、この鮭のせいで森のクマさんに出会ってしまう可能性があるのである。

「花咲く森の道は天国の事を言っているんだよ・・」など変な都市伝説の
発信源とならないよう注意して欲しい。(参考→森のくまさんの謎

 

 エゾヒグマのQ&A


Q.エゾヒグマに出会ってしまって死んだフリをしているところなのですが・・

A.エゾヒグマの主食には「屍肉」も含まれますので死んだフリは無意味です。
目を見つめたまま後ずさりして、食べ物の入ったリュックなどを投げ与えてジワジワと逃げましょう。
またはリュックの中身を一気に食べて156kgになりましょう。

 

Q.友達から「プーさん」と呼ばれています。

A.プーさんと呼ばれる場合、「ブタゴリラ」や「白豚」とは異なり、
友人からは良い印象を持たれている事が多いです。
ただし、異常にハチミツが好きな場合と丈の短すぎる赤い上着を着ている場合を除きます。

 

Q.「WINNIE THE POOH」のWINNIEってなんですか?

A.プーさんは実在の「WINNIE」を題材に作られています。
WINNIEはロンドン動物園で1914~1934年まで愛された黒熊で、
1926年に童話が作られ、1966年ディズニーによってアニメーション化されました。
ちなみにWINNIEはメスです。

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ