ペットショップに騙されない!中級編 犬猫購入前のちょっとだけ難しい注意点

パピヨン|dog0014-018

 

 

ペットショップに騙されない!初級編」も読んで良さそうなペットショップ見つけた!

でも・・・買おうとしている犬が本当に健康か不安・・・
よく、買った犬が実は病気に罹っててとか聞くし・・・

安心してください、ビーグル獣医ですよ。
今回は「ちょっと抱っこしてみますかぁ?」のその隙に出来る健康診断の方法をお教えしましょう^^

さすがに中級編ですから、少しイメトレが必要かも知れません(笑)
でも、少なくとも「誰でも分かるような病気に罹った子」を手にする可能性は下がります
頑張りましょう~。

 

 耳を見てみましょう~


特に垂れ耳の子では注意。
耳ダニが居ないかどうかを確認してみましょう。

方法は簡単。
耳のふちを軽く触ってみてください。
耳の穴付近を外側からマッサージしてみてもいいです。
ダニがいる犬や猫は大抵痒がって、足で耳をこすろうとモゾモゾしだします。

また、少し耳の中をのぞいて見ましょう。
そのときに黒いベトベトしたような耳垢があれば、ダニを疑います。
また、黒くなくても黄色い膿のようなものがあったりしたら外耳炎の疑いがありますからね。

残念ですが、この項目にひっかかるようでは「良いペットショップ見つけた!」の
その目は節穴かも知れません(苦笑)
不潔な環境だったり、観察眼の無い店員である可能性が高まります^^;

 

目を見てみましょう~


まぶしそうに目をパチパチしたりしてませんか?
「子犬だから・・」と思ってしまう人もいるかも知れませんが、
目に異常がある可能性があります。

人間だって目が辛かったらパチパチするのです。
犬だからどうこうってことでもありません(苦笑)

膿のような目やにがあったりした場合は問題外です。

 

 鼻を見てみましょう~


鼻水は出ていませんか?

一応鼻の穴の横を押して、鼻水が無いか確かめて見てください。
透明なものが大量に出たり、黄色い鼻水が出た時は注意しなければなりません。

 

 

 気管を刺激してみましょう~


首のところを軽くこすってみてください。
この時に咳が出るようだと気管支炎の可能性があります。

ただし、あくまで軽く!ですよ。
強くやったら健康でも普通に出ます(笑)

 

 でべそが無いか見ておきましょう~


でべそが無いか調べてください。
これは「臍ヘルニア」といって、腸や内臓の一部が
へその穴から飛び出している状況です。

押してお腹の中にでべそが入っていくようならまだ大丈夫ですが、
入らない場合は後で手術が必要になるかも知れません。
無いにこしたことはありませんよね~。

 

 肛門付近を見ておきましょう~


お尻付近にウンチが付いていないか確認してください。
ついている場合は下痢をしている可能性があります。
薄黄色のゼリー状だったりすると見逃してしまうかも知れませんので注意してください^^;

下痢は感染症の可能性があるので、特に子犬や子猫では気をつけた方がいいです。
・・・というか、下痢をしている犬を展示しているショップって・・・

 

 睾丸を触ってみましょう~


オスであればですが、両方あるかどうか気をつけてください。

通常は生後30日くらいで落ちてくるものですが、遺伝によっては
お腹の中から全く落ちてこなかったり、途中で止まってしまう場合があるのです。
袋に収まっていない精巣は、将来腫瘍になってしまう可能性が高まります^^;

もちろん、こんな問題は無いに越したことはありませんよね。

 

 他の注意点


脱毛などの異常がないか、毛ヅヤはいいか、肌に発疹が出来ていないかなど。

たくさんありますが、全部簡単に分かる検査です。
これから10年以上一緒に暮らすんですから、これくらいはやっておいても良いと思われます^^

「ずいぶん熱心な飼い主さんだなぁ・・勉強もしてそうだし・・」と
ショップの店員に警戒させてしまいましょう。

変な保険の勧誘も避けられ、アフターケアも充実するかも知れませんよ~(笑)。

 

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ