動物病院のドッグフード

 

ホームセンターやペットショップに行くと、フードコーナーにはたくさんの種類。
どの市販フードが良いのか、さっぱり分からない状況では?
そんな中なのにどうして動物病院にはいつも同じ数種類のフードしか無いのでしょう。

 

 一番の方法


本当は・・

「その子に最適な手作りフードを良質な素材で作れるならば、それが一番」

です。

完璧に作ることが出来れば・・ですよ。
実はゼロから完璧に作るのは、ほぼ不可能に近いことなんです。
そんな技術があったら、一儲け出来てしまうかも知れません^^;

ですので、ビーグル獣医がおススメする手作り食は、

「腎臓を守りたいのでタンパク質を抑えるために低タンパクの物を加える」

「下痢しやすいのでヨーグルト入れる」

といったような、ベースがあって加える方法に限ります。
サプリメント的な効果を期待するということですね。
これだって立派な手作り食だと思います。

ということは、基本となるドライフードやウェットフードが必要ですねぇ。

 

市販フードの注意点 子犬用と老犬用?


市販フードの中には子犬だろうと老犬だろうとこれ一種類でOKです!なんて言う
とんでもないドッグフードも販売されていたりします。

これは例えるなら、中学生の体育系男子が食べているご飯を
細身のおばあちゃんに完食させるような行為になりますよね^^;

もし、中学生食の量を減らしておばあちゃんに与えたとしても、
今度は必要な栄養が削られてしまって足りなくなってしまいます。

つまり、 しっかりと幼犬、老犬、そして成犬それぞれに対して、
適切な選択が出来るようなフード
がベストですね~。

出来れば、皮膚が弱い・胃腸が弱い・腎臓が弱い・・・など、
その子に今必要なサポートも出来るフードもあったりすると、
仮に手作り食を行わない場合でも使い勝手が良いですよね。

 

カオスな英製ペットフード祭り(元々老犬用もパピー用もあるのに削られてる場合も^^;)

 

市販フードの注意点 人間と同じ基準?


「人間と同じ基準で作られています!」

そう言われましても、人間が食べるタマネギだってチョコレートだって
犬には毒なんですよ(笑)

そのフードを長期的に与えていたら、実はある病気が多く発生していたなんて話は
ペットフード界ではよくある話です。

2007年ペットフード大リコール

鼓腸症とサイエンスダイエット

それをハッキリさせるには、当然データを入手したり整理したりしなければなりません。
そういった業務に一番適任なのは・・獣医でしょうね^^
ということで、フードを作っている業者には獣医が配属されているとちょっと心強いですね~。

データを提供する側だって、相手が獣医を含む研究チームなのか、それともただの
工場の中の係なのかでは、全然気合が違いますよね(苦笑)

 

 結果・・・


継続しておススメするのはあの三社のドッグフードに^^

サイエンス、ユーカヌバ(アイムス)、ロイヤルカナン。
これらのフードはAAFCOの基準をクリアしていますし、
研究には獣医がふんだんに(笑)関わってますし、給餌のデータ期間も長いです。

もちろん、最高のフードがこれ!と言っている訳ではないですよ^^;

動物病院でずっと安定しておススメ出来るフードがこれらというだけです。

サイエンスダイエット商品一覧

ユーカヌバ商品一覧

アイムス商品一覧

ロイヤルカナン商品一覧

 

 ネット上の嘘情報


最近、ネット上に嘘情報が蔓延しまくってます。

どうしてかと言いますと・・
「ある商品を売って報酬を得たい」からです。

商品自体は悪く無いので、それをおススメして売ることに対しては
ビーグル獣医もなんとも思わないのですが、いけないのはそれを売るために
さも他のフードがすべて最低かのように解説することでしょう。

「日本のフードでも使われているミールは・・」

「死んだ犬や猫まで入っている可能性が・・」

「病気や死んだ牛が使われていて・・」

まあ、果たして死んでいない牛を踊り食いしている人がいるのかどうかはさておき(笑)
ごく一部の海外製フードであるか無いかといったような可能性をこれでもかと掲載しています。

どれも最低なフードしか無いから、このフードをあげるしかありません!として
目的のフードを売りつけるようにしむけているんですねぇ^^;

他のフードを大して知りもしない人たちが、揃いも揃って国産フードをこき下ろしています。
ハッキリ言ってやり過ぎです。

詳しくは「カオスな英製ペットフード祭り」で

病気の牛や死んだ犬猫を、栄養素が偏らないように定期的に大量入手する方が
普通に肉を入手するよりもずっと難しいですよってば(苦笑)。

 

挙句の果てには、その輸入業者が勝手に老犬用や子犬用のフードを間引いて
「1歳~シニアまですべての犬に使用できます」と成犬用のフード一種類しか
取り扱わずに済ませていることにも、紹介している皆が皆、気付かないというオチ(苦笑)。

せっかくの良いフードが台無しでもう笑うしかありません。

一度「カナガン」とか「ナチュラルドッグフード」とかで検索してみてください。
ビーグル獣医の言おうとしていることが分かるかと思われます^^;

カナガンの検索結果

ナチュラルドッグフードの検索結果

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ