こ、これは・・・すぐにクレームを! 悪徳ペットフードへの正しい対処法

 

 

「!?このフード、色が変!!」

「え・・・何か変な物が入ってる・・・」

買ってきたドッグフードやキャットフードを開けてみると、
なんじゃこりゃああぁぁぁ!!なフードの中身(苦笑)
これはもうクレームを出すしかありません^^;

「どうなってるんですか!?お宅の商品はウダウダウダ・・」

「大変申し訳ございません。迅速に対処致しますので・・・」

 

 よくあるケース


「それでは、商品をすぐに新しい物に交換致しますので、
今すぐこちらに送って頂けますでしょうか」

「いや、新しいのとかじゃなくて、何がどうなって
こんな危険な物を売ってたのかハッキリさせたいの!」

「それについては、こちらで詳しい検査を致しますので・・・
今すぐこちらに送って頂いてもよろしいですか?
商品の状態が変わってしまうかも知れませんので。」

「分かりました。で、どうやって送れば良いんですか?」

商品を全て包んで送ってください。
見逃しの無いように全体をチェックさせて頂きます。」

「分かりました。しっかり調べてください」

さて、この対応は問題無かったでしょうか?

 

 

 一週間後・・・


商品を送ってから一週間後・・・
新しい商品が届きましたが、クレームに対する
検査の結果や謝罪等、一切の応答がありません

「ちょっとどういうこと!!」

怒りに怒った飼い主さんが、再び業者に連絡を入れます。

「もう一週間になるんですけど!!
ちゃんと調べてくれてるんですか!?」

「はい、こちらでは既に調査を終えておりまして、
検査の結果、異常は全くございませんでした。
今回は、全く我が社に非はありませんが、いつもご愛顧
頂いています飼い主様ですので、特別に新しい商品を
お送りいたしました。どうぞこれからもよろしくお願いします」

「!!!!!!!!」

どういう事でしょう。
明らかに変色していて、異常な臭いを発していたフードなのに
「異常はありません」では納得いきません。

「あんなに変な色して、臭かったのに!おかしいでしょ!!」

「申し訳ございませんが、何か根拠はございますでしょうか?
我々としても、根拠の無いクレームについては対処致しかねます」

しまった!!!
そう思った時には、時は既に遅しです(汗)
商品は全て送ってしまいました。

 

 皆さんもお気をつけて


もちろん、良心的な会社も数多くありますが、
中にはこういった悪徳業者があるのも事実です(汗)

足元をすくわれないように、こちらで出来る事はしておきましょう↓

・開封日中に一部を冷凍保存しておく
・ロット番号や、その他ありったけの番号・情報を残しておく
・買った店、動物病院などにも連絡を入れておく
・レシートももちろんとっておきましょう
・電話では、落ち着いて相手が罠を仕掛けてこないかどうか疑いながら話をする
・写真も撮っておきましょう。

レシートなど、購入日が特定出来る物と合わせて
写真など日にちが特定出来る物を用意出来れば、
さすがに言い訳は通用しなくなると思います^^;

ちなみに、ビーグル獣医の場合はヒネくれ者ですので
「根拠はあるんですか?」の所まで言わせておいて↓
「実は少量冷凍庫に残しておいたんですが・・出すところに出して
ハッキリさせましょうか!その方がスッキリしますよね!」
と、笑顔でお話するかも知れません(苦笑)

業者が一番嫌がるのは、「訴えられたり騒がれたりして、
悪い評判が広まり販売どころではなくなる事」ですから、
そこを攻めていきましょう^^;

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ