動物病院に連れていって良い? 怪我した動物保護したら・・・

 

 

怪我した野生動物、または車に轢かれてしまった野良猫など、
人間として見過ごすことは出来ない場面に出くわした場合にどうしたらよいかのお話です。

「急いで病院に!」「助けてあげなくちゃ!」
急いで病院に連れていきたいけども・・・
こういった子を連れていったら、診察料はどうなるの?

 

怪我した動物を連れて行ったら診察料は?


そういった状況の動物を連れて来られた患者さんからは
お金を取らない事が多いです。
ですので、病院に連れていってあげてください^^;

もちろん、あくまで「本当に野良または野生」だったらのお話です。
例えば、「毎日ご飯をあげている猫」や「その人自身に責任のある事故による怪我」
などの場合は、判断が難しくまた別のお話になってしまいます^^;

でも動物病院には「怪我した野生動物は無料で治療します」
なんて書いてありません
ねぇ・・

 

どうして書いてないのか


どうして自信を持って言わないのかには理由があります。

まず、理由のひとつとしては「悪用される場合がある」からです^^;

「野良猫だから金払わなくていいんだよねぇ」と、自分の家で
飼っている猫にも関わらず、嘘をつく輩が必ず出現します(汗)

そして、「かわいそうだからうちで飼う事にするよ!」とすれば
めでたく一通りの治療費がタダです。

猫は特に判断が難しいでしょうね。

また、他の理由としては連れてこられた動物の今後のことがあります。

 

 

すぐに保健所に連絡します


連れてこられた動物の応急処置を終えたら、すぐに保健所へ連絡します。

「え!?保健所に連れて行かれたら殺されちゃうじゃん!!」

いやいや、今は昔と違います^^;
保健所はそんなに簡単に動物を殺す場所じゃ無くなっているんですよ~。
負傷した動物の保護も、立派な保健所や動物愛護センターのお仕事なのです。

ただし、例えば税金で高価な治療をしまくる訳にもいきませんから、
動物病院で出来る限りの治療をするのとは違ってくるでしょうけどね。

「じゃあ、保健所に引き渡さないで動物病院で治してあげればいいじゃない!」

そうしてあげれば良いのかも知れませんけど・・・

 

だって病院つぶれちゃうんですもの


こんな話があります。
私の知っている獣医なのですが、そこは夫婦二人で
経営をしていて、あまり大きな病院ではありませんでした。

ある時交通事故にあった子犬を連れてきた人が来ました。
そこの獣医は無料でその子を診て、里親探しもしたそうです。
非常に誠意ある対応だったと思います。

しかし、大変なことに「そこの病院が何とかしてくれた」という情報が
非常に広い範囲で流れてしまったのです。

その病院には遠くの地域からもたくさんの
怪我をした動物が連れてこられました。

また、さらに大変だったのが「捨て犬」「捨て猫」
「何とかしてくれる」と言う話が広まったせいで、
無責任な飼い主が次々とペットを捨てていったのです。

その結果、病院の経営は成り立たず、借金を重ねつつ
何十頭もの里親探しに追われてしまった
のです。
人の良かったその夫婦の病院は潰れてしまいました。

怪我した動物を治したい反面、病院の運命もかかっている、
そういう難しいお話なのです。

 

 じゃあ・・・・どうしたら良いの?


いやいや^^;連れていってあげてください~。

でも、一つお願いがあります。

動物病院で面倒を見ようと保健所に行こうと、
結局その動物には「新しい飼い主探し」の問題が生じます。
(実は飼い主が居た!とかなら別ですが・・・)

出会ったのも助けたのも何かの縁です。

出来ることなら新しい飼い主になってあげるか、または
新しい飼い主探しのお手伝いをしてあげてください。

病院にすべて任せて、「保健所になんて連れて行くな!」だなんて
投げっぱなしはやめましょう^^;

本当の意味でその動物を救ってあげましょう~。

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ