動物病院大戦争 近隣獣医を巻き込んだ潰し合い

 

 

ぶっちゃけ近くにある動物病院との関係ってどうなの?

はい、基本的には仲良くやっております^^
近からず、遠からず、住み分けはキチンと(汗)

飼い主さんとしても、「経験豊富な熟練獣医」が好きな方、
「新しい治療を積極的に取り入れる、情熱獣医」などなど・・
好みは色々とあると思います。

でも、そう上手く行かない場合があるのも事実^^;
ふとしたきっかけから、近隣の動物病院をも巻き込み
大戦争と化したお話を紹介しましょう。

 

 最初は住み分け出来てました


老舗A病院の近くに建った、新進気鋭B病院。

A病院の院長としては面白くない事必死な状況ですが、
B病院の若手院長が予想外に礼儀正しかった事もあり、
「分からない事があったら聞きに来ると良い」と迎え入れてくれました。

近隣の飼い主さんとしても、より最新の医療を受けたいのか、
安心して任せられる経験豊富な獣医にするか選べる状況で、
住み分けはキチンと・・・出来ていたはずでした^^;

 

 つい、言ってしまった一言


いつものように診察をしていたB病院ですが、
転院してきたある新規の患者さんへのお話で、
ポロッとマズい一言を言ってしまいます。

「うーん・・この薬は今使われる事がほとんど無いですねぇ。
もっと効果のある薬がありますから、変えましょう。」

実はB病院の院長、どこの病院から転院してきたか聞いていませんでした。
聞いておけば、もっと無難な対応が出来たのかも知れませんが・・

この患者さんは皆さんお察しの通り、A病院から転院してきた患者さんだったのです。
そして、確かにA病院の知見不足が問題だったとはいえ、老舗A病院の
やり方を完全否定するような形になってしまったのです。

 

 噂は早く回るものです


この噂はあっという間に地域全体に広がりました。

「A病院の治療法は古い」「あそこはヤブだ。古い薬を売りつけられる」
「全然治らないからやめた方がいい」「儲けた金で豪遊しているらしい」

ありもしない噂まで流れ始めました。
もうこうなってしまっては遅いです。

A病院の院長は、突然の事態に愕然とします。
どうしてこんな噂が流れ始めたのか・・それを知るのは意外と簡単でした。

「B病院に言われた通りに薬を変えたら簡単に治った」
「B病院は勉強家でA病院は定年間近のヤブ医者」

B病院を肯定する噂も一緒に広まっていたのです。

あまりにも耳にするB病院の良い噂に、A病院の院長は
「B病院が噂を流し始めたのでは?」と疑いを持つこととなります。

 

 

 宣戦布告


A病院の院長がついに切れました。
そして、何のメリットも無い作戦に討って出てしまうのです。

「B病院に行ったらボッタくられるよ。あれだけの機械を置いて、
どうやって元を取るか考えれば分かるはず。」

「そもそも、うちの病院のこんな近くに病院を建ててくる辺り
人間性が疑われるよね。」

「あの病院は最新と言って、利益の高い薬を無理やり売りつけてる」

何かにつけてB病院の悪口を言うようになりました。

 

 波紋はまだまだ広がります


この争いは、そのうち近くの他の病院をも巻き込む事になりました。

老舗A病院には昔からの仲良い獣医がたくさん居たせいもあり、
B病院のような「若造」に不快感を持っていた老舗獣医たちが
一斉にA病院の肩を持ち始めました。

「A病院は付き合いが長いが、昔から勉強家でよくやっているし腕も良い。
B病院はまだまだ若いね。多分機械を使わなきゃ何も出来ないよ」

B病院は近隣老舗動物病院のほとんどを敵に回してしまい、
患者さんも徐々に離れて行ってしまいました。

ところが、このB病院もタダでは終わりませんでした。

今度は近隣の若手獣医師、中でも「老舗のおじいさん獣医」に対して、
その治療の古さに不満を持っていた動物病院を仲間に付け、老舗獣医師群に立ち向かいます。

 

 終わりがありません


こういった戦いには終わりがありません(汗)

中には噂負けして潰れる病院、圧力に屈して寝返る獣医など・・
もうこの地域の獣医事情はズタボロの状態になってしまいました。

一旦こうなってしまうと収集がつきません。
今もまだ、あの地域では戦いが続いているのでしょうか。

誰にもメリットの無い、悲惨な戦争ですね(苦笑)

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ