ペット保険詐欺 提携動物病院と解約手続の罠

 

 

「さあ、ペットも購入したし、保険はどうしようかしら?」

そんな飼い主さんに忍び寄る詐欺の魔の手・・
あなたの保険は大丈夫?

不安になる方が続出したらごめんなさい(汗)

 

 ペットショップお勧め!○○共済


購入したペットショップでお勧めされ、
手慣れた商用トークにつられて、ついつい加入させられた保険。

「このペット保険がお勧めです。死亡保障もありますし、
指定病院では格安で治療を受けられます。それに、
今まで問題は一度も起こった事がありません・・・うだうだ・・」

何も分からず初めてペットを飼う方だと、
ついつい言われるがままに入ってしまいそうですよねぇ。

 

 詐欺手法その1 指定病院


やっと念願のペットが届きましたが、なんと耳はただれてるわ下痢も酷いわという有様。

ペットショップに文句を言うが取り合ってもらえず、仕方が無いので指定病院へ行きました。

しかし、指定病院ではいつまで経っても名前を呼ばれません。

どうしてか病院に訪ねると、
「保険の患者さんは、他の患者さんの後で。
安くするんだからそれくらい我慢してください

最悪です。

2時間以上待ち続け、やっと診療をしてもらえましたが、
「じゃあ注射打っておきますね」と明らかに
安そうなビタミン剤だけで帰されてしまいます。

仕方が無いので、他の病院へ行くと、
耳ダニ・寄生虫・細菌感染・・・症状はさらに悪化しており
「虐待でもしてたの!?これは酷いよ」 と言われて飼い主さんは呆然。

「このままペットショップに帰したらこの子が酷い目に
会ってしまうし、そもそも取り合ってもらえないだろう。」
そう考えた飼い主さんは、結局他の病院での高額で長期の治療を選びました。

しかし、これはまだまだ悲劇の始まりだったのです。

 

 詐欺手法その2 引き落とし詐欺


この飼い主さんの若干マメな性格が詐欺を防ぎました。
そのきっかけとなったのは記帳。

2ヶ月に一回ですが、通帳の記帳をしていました。
保険の引き落としの額ももちろん詳細に分かるのですが・・・

なんと一月目には2倍。
二月目には4倍の額の引き落とし
がされていたのです。

その飼い主さんが怒りをあらわにし電話したところ、
「事務の手違いでした。申し訳ございません。」
と言われ、それから数ヶ月後にやっと返金と言う状態だったようです。

「さすがにこれは気付くよぉ」

そう思うほどチープな手違い(苦笑)ですが、
引き落としをまとめて同じ銀行で行っている飼い主さんの場合は
意外なくらい気付きづらい方法となります。

気付かないままだった場合、一体いくら
ふんだくられてしまっていたのでしょうねぇ・・

 

 詐欺手法その3 違約金の罠


もちろんこの飼い主さんも、「この保険はヤバイ!」
とこの時点で(と言うか結構前から)思っています。
そこで解約の手続きをしようとしたのですが・・・

「年間契約になっております。今解約されますと、
違約金として月額の5倍額を頂きます。」

もう踏んだり蹴ったりです(汗)
とりあえず、指定病院も使わず、引き落としのチェックも
忘れずに一年経つのを待ったのですが・・・

この時点で五倍だろうがなんだろうが、
解約しておけば良かったのかも知れません。
これからもっと酷い事になります。

 

 

 詐欺手法その4 年間自動契約更新


一年経ち、契約が切れる時期となり、
飼い主さんはこの保険会社に連絡をします。

その連絡について
「年間契約は自動で更新されます。
既に更新済みの状態ですが、違約金は初年度だけです
ので、違約金無しで解約出来ます。」
と返事をもらい、一安心の飼い主さん。

早速その場で解約を申し込んだのですが、
次の月になっても引き落としがされてしまいます。
怒りに震えながら電話をしたところ・・・

「年間契約がお済みの状態ですので、
解約されても当年は契約が有効となっております。」

なんと後一年分支払うよう、言われてしまいます。

 

 詐欺手法その5 解約手続き書類の罠


「なんでここまでされて訴えないんだよ!」と
思われている飼い主さんも多いと思いますが(汗)、
この飼い主さんは訴えませんでした。
訴えるのにも勇気が必要ですから、仕方が無いかも知れません。

何とか確実に解約しようと、この飼い主さんは
年間契約が終わる一ヶ月前に更新されないよう
連絡を入れました。

そしてこの連絡については、もう騙されないよう、
テープに録音もして万全の体制。

「解約手続き書類をお送り致しますので、
そちらに記入されて、契約期間終了前にご返送ください。」

なんで前の解約時には言わなかったのでしょう(汗)

「絶対にその書類で今期中に解約出来るんですよね!?」

「はい、解約頂けます。」

そしてとりあえず解約手続き書類が届くのを待ったのですが・・・
なんとその書類がいつまで待っても届きません。

ああ・・いつまでに送付って言っていない・・
そう思った頃にはもう手遅れです。

事務のミスです。申し訳ございません。
こちらに書類が届いていませんので自動更新が有効になります。
こういった不備が起こらないように最善を尽くしますので
ご了承くださいませ。」

 

 あとがき


結局この飼い主さんは3年分の保険を、
しかもいつ変な引き落としをされるか分からない状態で
ビクビクしながら払う羽目になってしまいました。

その後は接点が無くなってしまいましたので、
この飼い主さんがどうされているか分かりませんが・・・
ペットショップ・病院・保険会社がグルなのかも知れませんね。

ちなみにこの会社は現在、詐欺が原因で潰れています。
ザマーミロです。

が、最後の最後に、返金も無く業者に消え去られた飼い主さんは
本当に可哀想だな・・とも思いますよね。
いや、もちろん騙されてしまった方もですが・・

私の病院にも、購入したばかりなのに感染しまくりだったり、
他の指定病院で酷い目にあった飼い主さんが多く来られています。
皆さんもこういった詐欺にはご注意くださいね。

それにしても「事務のミス」。
最強の手段ですよね・・(苦笑)

 

【追記】

これはちょっと昔のお話でして、当時、ペット保険に関する苦情は
消費者生活センターをはじめ様々な場所に旋風を巻き起こしました^^;

さすがに問題視されまして、現在ではここまでのレベルにはそうそうお目にかかれません。

でも、「あ・・これは・・」と思ってしまうような保険があるのも事実ですので、
やはり気をつけなければならないことには変わりませんね~(苦笑)

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ