獣医を何と呼んでいますか? 先生という言葉の重さ

 

 

獣医だもの。「獣医」って呼んでるに決まってるじゃない!
いやいや、 病院でかかりつけの獣医の事をなんと呼んでいるのかですよ~。

おそらくですが、割以上が「○○先生」では無いでしょうか。
そして、割以上の方が獣医の名前をしっかりと言えないのでは?(汗)
「あの女の先生」「あのひげの先生」などなど・・・よく聞きます^^;

そんな呼び方のお話で面白いやり取りがありました。

 

 そもそも・・・・


先生とは・・・

①先に生まれた人

②学問や技芸などを教える人

③師匠・教師・医師・弁護士・国会議員などを敬って呼ぶ名前

そういった意味合いの言葉となります。
獣医が呼ばれる種類としては③でしょうね^^

 

 皆さん、初診の時どうされました~?


そういえば、初診の時って皆さんどんな流れでしたか?
一番多い流れとしては↓

「こんにちは~。どうされましたか?」

「はい、実はここがですねぇ・・」

「ああ・・・なるほど」

「どうなんですか?先生

「うーん・・・これはちょっと検査してみないと何ともいえませんが・・」

なんて流れじゃないでしょうか(笑)

 

 

 で、あんた誰よ


で、その「先生」は何という名前の先生ですか?

大事な子の命を預ける人の名前くらい知っておきましょうよぉ~。

 

 こんな事がありました


初診の患者さんの飼い主さんで、年は私よりもちょっと大人(笑)

【初日】

獣医「こんにちは~。どうされましたか?」

飼主「はい、実は・・なんです。あの・・お宅は○○さん?」

獣医「はい、○○と申します。よろしくお願いします。」

飼主「で、○○さん、どうなんですか?」

 

初日はこんな感じで「○○さん」と呼ばれていました。
そして治療を続けていって、状態が改善してきた頃・・・

【一ヵ月後】

獣医「あ、どうも。どうですか?状態は」

飼主「○○先生、おかげさまで。すっかり良くなってきましたよ」

獣医「それは良かったですねぇ。じゃあ最後にこれこれこうして・・」

飼主「○○先生、どうもありがとうございました。また何かありましたらよろしくお願いします。」

獣医「お大事にどうぞ~」

 

 さあ、呼び方が変わりました


直接理由を聞いた訳ではありませんが、やるな・・と思いました。

ただ、獣医だから「先生」と呼ぶのではなく、信用が置けて
初めて「先生」と呼んでくれたのかなぁ・・などと都合よく解釈(笑)
全然違うかも知れないんですけどね~。

皆さんはかかりつけの獣医を、何と呼んでいますか?
名前は知っていますか?
何と呼ぶべき存在ですか?

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ