2週間効く抗生物質注射? コンベニア注を知ってますか?

【写真】「コンベニアR注」

 

 

「待てーーーーー!!薬飲むまで逃がさないわよ・・はあはあ」

「ああぁぁ!また吐き出した!!どうして薬飲んでくれないの!」

毎朝毎晩、犬や猫がなかなか薬を飲んでくれなくて苦労している皆様、ご苦労様です^^;

ところでそんな皆様がた、コンベニアという薬をご存知でしょうか?
実は、一回注射するだけで2週間効果のある夢のような抗生物質があるんですよ~。

 

 コンベニアって?


2007年夏に発売された、セファロスポリン系注射剤です。
・・・・と言ってもピンと来ないと思いますが(苦笑)。

最初にちょっと触れました通り、一回皮下注射するだけで
約二週間毎日二回薬を飲ませたのと同じ効果
が得られます。

 

 どうしてそんなに良いのを勧めてくれないの?


「かかりつけの先生はそんな便利なの教えてくれなかった!!」

「今まで苦労して投薬してたのに!!」

いやいや、最初からは私もお勧めしませんよ~。

便利なものには色々と制約もあるものです。
と言っても副作用は弱いのですが、気をつけなければ
いけない点がいくつかあるのです。

 

 注意点その1:価格


これだけ都合の良い便利な薬です。
安い訳がありません(苦笑)

この注射一回で、大体お薬4、50回分くらいには
なるのではないでしょうか^^;
もちろん、病院の価格設定にもよりますが・・・
飲ませるよりは、明らかに高いです。

 

 

 注意点その2:単独感染?


例えば、皮膚炎で細菌感染が起こっていても、
「本当に細菌感染だけ?他には無いの?」と言う
問題が残ります。

本当に細菌感染だけの皮膚炎でしたら、
コンベニアをぶっ放して、様子を見られるかも知れませんが
もし寄生虫の感染だったり、アレルギーだったり、
ホルモンの病気だったり
が根底に隠れていたら・・・

せっかく高いお金でコンベニアを打っても
根本的な解決には全然なりません(汗)

 

 注意点その3:効果ある?


また、感染している菌によって効く抗生剤は変わります。
もし、コンベニアが効かない種類の菌が感染していた場合、
2週間効こうが無意味です(汗)

 

 でも・・・膨らむ期待


ただ、基本的にコンベニアは「よくある皮膚に感染する菌」に
効いてくれますし、効果の範囲が広い抗生物質ですので
例えば膀胱炎だったり、外耳炎だったり・・・使用しやすい薬と言えます^^;

どうしても投薬が難しい猫だったり、投薬が出来ないくらい忙しい方。
他、投薬をすっかり忘れてしまったり、長続きしない方も(笑)

まさに「奥の手」と言えるようなお薬ではないでしょうか^^;

 

↓記事が参考になった!楽しかった!と少しでも思ったら共有して頂けるとビーグル獣医がヒャッホウです↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

同じカテゴリーの記事(新着順)

『+獣医のペット病院ウラ話!?』トップ